2010年06月11日

<首相指名選挙>参院も菅氏指名 第94代首相誕生(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相の退陣に伴い、4日午後の衆院本会議で首相指名選挙が行われ、民主党の菅直人副総理兼財務相(63)が第94代首相に指名された。その後の参院本会議でも菅氏が首相に指名された。菅氏は山岡賢次国対委員長に「組閣は8日に行うつもりだ。党人事も7日ぐらいに両院議員総会を開いて進めたい」と語り、8日に菅内閣が発足する。

 これに先立ち行われた民主党代表選には、菅氏と樽床伸二衆院環境委員長(50)の2人が立候補。衆参の国会議員423人(衆院307人、参院116人)による投票(投票総数422人)の結果、菅氏が知名度の高さや参院選に向けた即戦力として幅広い支持を集め、291票を獲得し新代表に選出された。樽床氏は129票だった。

 菅氏は、仙谷由人国家戦略担当相の官房長官への起用を検討しているほか、枝野幸男行政刷新担当相を幹事長で処遇する方針。

【関連ニュース】
民主代表選:菅直人氏選出 選挙モードへの突入を宣言
民主代表選:「鳩山首相退陣は菅氏にも責任」自民・谷垣氏
民主代表選:菅直人氏を選出 291票を獲得
民主代表選:菅氏の決意に大きな拍手 問われる手腕
民主代表選:菅氏配布文要旨

<菅内閣>政策の行方は? 公約見直しも視野(毎日新聞)
<菅首相>重要法案成立に意欲 会期延長検討(毎日新聞)
郵政法案は「臨時国会で」 民主・輿石氏(産経新聞)
国会会期延長問題 仙谷、亀井会談は不発 国対委員長会談も平行線(産経新聞)
橋下知事、菅首相に「めちゃめちゃ期待している」(産経新聞)
posted by カツヤマ ハジメ at 12:08| Comment(17) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

「首相の進退、判断必要」民主参院幹部(読売新聞)

 民主党参院幹部は30日、社民党の連立離脱と内閣支持率の低下について、「参院選への影響を鳩山首相がどう判断するかだ。首相交代で本当に反転攻勢に移れるのか、首相の自発的判断が必要だ」と記者団に述べ、今後、首相の進退問題が浮上するとの見方を示した。

 小沢幹事長に近い別の幹部も、「(家畜伝染病)口蹄疫(こうていえき)や普天間、政治とカネの問題で、終盤国会は法案審議もままならない事態が予想される」と指摘した。

<傘>子どもたちの「笑顔の花」70本 花博公園でイベント(毎日新聞)
<大相撲>親方2人、案内所に向こう正面依頼 暴力団観戦で(毎日新聞)
<普天間>辺野古移設へ 日米が共同文書発表(毎日新聞)
<特定外来生物>オオキンケイギク増殖 木曽川流域(毎日新聞)
<漫画家>「東京都の青少年改正案」に反対 創作活動を萎縮(毎日新聞)
posted by カツヤマ ハジメ at 16:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

普天間調整難航、連立残留で亀井氏が福島氏説得(読売新聞)

 政府・与党は27日、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題に関する日米両政府の共同文書や、日本政府の対処方針を巡り、大詰めの調整を続けた。

 沖縄県外への移設を強く主張する社民党が共同文書や対処方針に、同県名護市の「辺野古周辺」を移設先として書き込むことに強く反対し、調整は同日夜も難航が続いた。鳩山首相は政府・与党内の決着を待って、オバマ米大統領と電話会談を行い、共同文書に合意したい考えだ。

 これまでの日米実務者間の共同文書に関する調整では、移設先の完成目標に関し、現行の環境影響評価(環境アセスメント)の活用を念頭に、当初の2014年から「著しい遅れがない」との表現が盛り込まれることになった。沖縄の負担軽減策に関しては「自衛隊による米軍基地の共同使用の拡大」の検討や、「沖縄県外への訓練移転の拡大」を盛り込み、候補地の一つとして鹿児島県・徳之島を明記することになった。

 社民党は27日朝の常任幹事会で、共同文書に「辺野古」と明記された場合、28日の閣議で福島党首(消費者相)が署名を拒否する方針を決めた。常任幹事会後に記者会見した重野幹事長は「私どもから連立政権離脱を言い出すつもりはない」と語った。その後、重野氏は首相官邸に平野官房長官を訪ね、社民党の方針を伝えたが、平野長官は共同文書から辺野古の地名を削除することは「不可能だ」と拒否した。

 これに先立つ同日午前の記者会見で、平野長官は「(日米)合意は2プラス2(外務、防衛担当閣僚)で政治的に決めている。一からやり直すことにはならない」と言い切った。

 その一方、対処方針に関しては、「閣議了解や閣議決定は好ましいが、中身が途中段階であるという場合は、そういう方針を『首相発言』として示すというのも一つの方法だ」と述べた。閣僚の署名を伴わない「首相発言」という手続きをとることで社民党の理解を得たいとの考えを示したものだ。

 ただ、福島氏の態度は硬く、国民新党代表の亀井金融相は27日夕、国会内で福島氏と会談し、連立にとどまるよう説得した。両氏は対処方針に「県外・国外移設を目指す」との文言を盛り込む考えでは一致したものの、福島氏は最終的な対応については党に持ち帰って協議するとした。

 首相は27日夜、福島氏が共同文書や対処方針に反対を続けた場合、閣僚を罷免する可能性を記者団から問われ、「そのようなことは一切考えていない」と言明した。

「閉塞感 解決しない」大阪市議補選で平松市長(産経新聞)
<秋葉原事件>「社会へのテロ」…遺族が初めて証言(毎日新聞)
両陛下 全国植樹祭に出席、苗木を植樹 神奈川・南足柄(毎日新聞)
哨戒艦沈没 追加制裁など確認(産経新聞)
平安時代からサルスベリ植栽? 平等院の池で花粉採取(産経新聞)
posted by カツヤマ ハジメ at 18:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。