2010年04月20日

ライター規制で子供対策=5月中にも安全基準策定−不便さ、敬遠の懸念も・経産省(時事通信)

 ライターによる子供の火遊びが原因とみられる火災の多発を受け、経済産業省の消費経済審議会専門部会による安全規制の具体化作業が大詰めを迎えている。柱は子供が簡単に火を付けられない仕組み(チャイルドレジスタンス機能=CR)の導入。予定を前倒しし、5月中にもまとめる見通しだ。一方、利用者が不便さなどから敬遠する懸念があり、課題も残る。
 CRライターは米国が1994年、欧州が2002年に導入。重い着火ボタンや2カ所以上の操作が必要な仕組みを設け、子供100人が試して85%以上が着火に失敗した製品しか販売できない。音や光を出すもの、車や銃といった形状で子供の興味を引く製品も禁止で、米国では導入後に火遊びによる幼児の死亡が激減したという。
 日本版CRは着火ボタンを重くする方法が中心となる見通し。ボタンを押す直押し式は、欧米のデータを元に子供が操作困難とされる負荷(40ニュートン)を基準に設定。ボタンを斜めにずらすスライド式、リング型やすりで着火するフリント式も同程度とする。 

衆院本議場裏の廊下も禁煙に(時事通信)
<変死>事件性見逃し98年以降39件 警察庁が報告(毎日新聞)
幹事長に園田氏=参院選候補の擁立急ぐ−「たちあがれ日本」(時事通信)
【ゆうゆうLife】施設ヘルパーの「たん吸引」容認(産経新聞)
「カジノ議連」発足 東京?沖縄?北海道? 当面の2カ所、焦点(産経新聞)
posted by カツヤマ ハジメ at 13:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。